『妊娠体質をつくる5つの習慣』

妊娠しやすいカラダづくりの秘訣をメール講座でお届けしていきます。

▼ 結果が出やすい5つの習慣

今日ご紹介するのは、内臓機能を整える方法のうち、最も簡単なもの。

それが、『水の飲み方』です。

▼ 内臓の状態が良くなると妊娠しやすくなる。

食べたものを消化・吸収・排泄するのは胃腸です。胃腸が汚れていると流れが滞り、未消化物が腐敗したり、毒素を発生するようになります。

こうなると、体の機能が低下するばかりでなく、老廃物がたまる!ということになります。

内臓をクリーニングするためにも、一刻も早く良質な水を取り入れたいですね。

▼ 血液がドロドロになると太る

ドロドロ血液になることでも、太ります。

代謝が滞ってエネルギーの循環がうまく行われなくなり、脂肪がたまっていくからです。

綺麗な水を飲んで血液の質を上げることで、体脂肪、内臓脂肪の軽減にもなります。

▼ 細胞が汚れると代謝が低下する。

人の体の大部分は「水」でできていて、

乳幼児で約80%、成人は60~70%、

老人でも50~60%を水分が占めています。

これくらい大きな割合を占めているので、

体質改善は水の質に大きく左右されます。

人の体は水袋の集合体のようになっており、

細胞の中には水がつまっています。

そこが汚れてしまうと、

代謝が悪くなり老廃物もたまるので、太ります。

妊娠に大敵な、太らない体質をつくるためには、

毎日新鮮な水に入れ替えていく必要があります。

 水が体に及ぼす3つの効果

水は次の3つの働きによって、

内臓をサポートしてくれます。

1.胃腸の流れをよくする

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

水を飲むと胃や腸で吸収され、血管を通って全身の細胞に運ばれます。

不用物を尿とともに排泄し、便通も良くなります。

(※腸内の水分が不足すると便秘になります!)

2.血液やリンパ液の流れをよくする

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

水の体における最も大きな働きは、

血液の流れをよくし、新陳代謝を活性化させること。

もし血液の質が悪くなると…

代謝が滞ってエネルギーの循環がうまく行われなくなり、

脂肪がたまります。

3.体の細胞60兆個に入り込み、栄養を届けて老廃物を運び出す

全身の細胞に栄養素や酸素を運び、「代謝」を助けます。

老廃物の排泄もスムーズになるので、「デトックス」も促進されます。

水によって運びが良くなり、

代謝と掃除ができるようになるということです!

どんな水を選べばいいの?

■ アルカリ性

妊活中、妊娠中に効果的なのは、アルカリ性の水です。

健康な人の体液は、PHがだいたい7.4と弱アルカリ性なので、

アルカリ性の水は体との相性が良く、吸収率も高くなります。

=================

人間の体は疲れてくると酸性に傾き、

新陳代謝が滞り、脂肪や糖の分解も悪くなります。

=================

こうなってしまった場合、アルカリ性の水を飲めば、

再び新陳代謝が活性化され、脂肪や糖の分解を促せます。

※コンビニで買えるおすすめアルカリ水

・キリン アルカリイオンの水

・クリスタルガイザー

・六甲のおいしい水

・富士山のバナジウム天然水

・天然アルカリイオン水 温泉99

■ 酸性

酸性の水の良いところは、抗菌作用があるところです。

風のひき始めなど、弱酸性の水でうがいをすると効果的です。

また、「炭酸水」は疲れ物質の乳酸を中和する作用があるので、疲れをとるのに効果的です。

ただし、注意点もあります。

体を酸性に傾けてしまうので、日常的に飲むことはおすすめしません。

【結局どうすればいいのか?】

炭酸水などの酸性の水は、

疲れた時にスポット的に使い、

※アルカリ性の水は長期的に飲む

というように使い分けて下さい。

 むくんだ時の解決策

人間の体は水分量が数%減るだけで活動が滞り、

10%減ると意識を保てなくなります。

なので、脳は体内の水分量に敏感に反応し、

少しでも減れば「危険!水分を外に出すな!」と指令が出ます。

現象としては、汗をかかない、尿の回数が減るなど。

そうなると、老廃物が体内にたまり、

体がパンパンにむくみます。

▼ 疲れた時にむくむ理由

疲れている時にむくみやすいのは、

疲労によって新陳代謝が悪くなっているところに、

体内の水分量の低下が重なっているからです。

※むくんだ時は、アルカリ性の水を飲みましょう!

水を飲むタイミングは、次の3つがベストです。

・目覚めの一杯

・食事の1時間前

・日中こまめに

1回の量は、200~300mlほど。

1日最低、体重9キロにつき200ml飲みましょう。

(例:54キロだったら1200ml)

※注意点

食事の直前や直後に水を【飲みすぎる】と、

消化酵素が薄まり、消化や吸収の妨げになってしまいます。

水は30分程度で胃から腸へ進むので、

1時間前ルールなら、食事や消化の妨げになることもありません。

食事中に水を飲む時の目安は、コップ一杯200mlほどに。

 今日のまとめ

【水を飲む3つのメリット】

・内臓クリーニングができるので、内臓機能が整う

・血液の流れがよくなるので、新陳代謝が活性化する

・全身の細胞に栄養や酸素を運び、デトックスも助ける

【全身の代謝に効果的な水】

・全身の代謝に効果的なのは、アルカリ性の水

・むくんだ時は、アルカリ性の水を飲む

【水を飲むタイミングと量】

・目覚めの一杯で200~300ml、毎回食事の1時間前に200~300mlほど飲むのが理想

・1日の合計は、良い水を体重9キロにつき200ml飲む(例:54キロだったら1200ml)

【水を飲む注意点】

・食事中に水を飲む時の目安はコップ一杯200mlほど

・水分補給はお茶やコーヒーでなく「水」を飲む

どうでしょうか、今日からできそうなことはありましたか?

簡単に取り組めることなので、ぜひ実践してみてください。